鈴木 岳志

企業の社会的責任
CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

CSRの基本方針と、スズキグループにおけるCSRの定義

当社グループは、CSRの位置づけを明確にし効果的に推進していくために、CSRにおける共通理念を次のように定めています。
事業を遂行する中で、(1)お客様、(2)市場、(3)会社・環境、(4)従業員に、より高い付加価値を提供することを通じて、地域社会全体の持続的な発展に貢献していくこと。

1. お客様本位の徹底

私たちは、お客様に支持される企業団体を目指します。そのために、常にお客様のニーズに合致するサービスが何かを考え、最良のサービスを提供することにより、お客様の満足と信頼を獲得します。

2. 健全経営の堅持

私たちは、自己責任原則に基づき、公正、透明かつ健全な経営を堅持する企業集団を目指します。そのために、お客様、地域社会等との健全な関係を維持しつつ、効率性と長期的視点に立った業務運営、持続的な成長と健全な財務体質を堅持します。

3. 社会発展への貢献

私たちは、社会の健全な発展に貢献する企業集団を目指します。そのために、企業の社会的責任を自覚し、自社のみならず地域社会の安定的な発展に貢献する業務運営に努め社会貢献に努めます。

4. 自由闊達な企業風土

私たちは、役職員が自ずと誇りを持ち、英気を持って働ける企業を目指します。そのために、人間性を尊重すると共に、高い専門性を持つ人材を育成し、自由闊達な企業風土を醸成します。

5. コンプライアンス

私たちは、常にコンプライアンスを意識する企業集団を目指します。そのために、私たちは、業務の遂行において常に、監査や検査の指摘に対する速やかな行動を確保し、もって、法令諸規則や社会の良識に則した企業を確立します。

ページトップ